ブログを移行します

AJ代表日記をつれづれに書き始めて1年がたちました。
ちょうどいい機会だということと、こちらのサイトのインターフェースを変えたかったので、下記のサイトに移行することにしました。

http://assertivejapan.blog23.fc2.com/

忙しいとなかなか更新できませんが、少しずつ書きためていこうと思います。
新しい日記も、よろしくお願いします。

森田汐生
[PR]
# by assertivejapan | 2005-09-12 10:47 | 汐生の思い

学生たちと

またご無沙汰していました。9月に入って、なんだかものすごく忙しく飛び回っています。

先週の病院での2日間研修に始まり、週末は「トレーナー養成準備講座」が立て続けに2週間、その間も2つの大学で講義を担当していました。来週は大分と大阪に行く予定です。

丸一日講義や研修を担当すると、私自身はエネルギーを使い果たしてぐったりします。特に私は朝が早く夕方以降は完全に電気が切れてしまうため、事務所に寄ることもできずにまっすぐ家に直行、そして自宅でメールをチェックするという日々でした。

そんな中、この4日間は、都内のある大学で集中講義を担当しました。
学生たち20数名ずつ、始めは「何をやらされるんだろう」と半信半疑だったのが、徐々に友達同士仲良くなり、最後には、「○○ちゃん、大好き!」と言ってお互いにほめあって大笑いするほど盛り上がりました。

ボランティア先の職員さんとかバイトの先輩や部活の先輩とも、しっかりと自分の思っていることを伝えるために、たくさんの時間をかけてロールプレイで練習しました。それがとても新鮮な体験だったらしく、最後は目をキラキラさせてしっかりと自分の意見を伝えてくれるようになりました。

ちょっと複雑だったのは、「私が大学に入った頃」と言いかけて、ありゃ、それは君たちが生まれた頃だったね、と、自分の年齢にちょっとびっくりしたことです。

私自身、大学1年生は世界の何もかもを吸収したくて、うずうずして張り切っていたのを覚えています。先生の人生の話が面白くて、出会いが面白くて、ボランティアも部活もバイトも、何もかも120%一生懸命やっていました。忙しくて眠る暇もないという学生たちを見て、そういえばと自分の学生時代をふと思い出し、世界に対する新鮮なまなざしは変わらないのだと、ちょっぴり嬉しくなりました。

純粋に自分と向き合い、一生懸命相手に伝えようと努力する彼らに、とっても感動した4日間でした。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-09-09 06:17 | 講座のこと

優位に立って使わない

アサーティブネスの定義の中に、「相手の権利を侵害しない限りにおいて、自分の権利を主張する」というものがあります。

「相手の権利を侵害しないで」ということは、一体どういうことなのだろうと、長い間考えていました。
アン・ディクソンの著書、『Woman at Work(邦題:『大事なことを思い通りに伝える会話術』角川書店)』には、

「他人を批判するには、相手が自分と対等だという感覚が必要だ」、と書かれてあります。

アサーティブに相手と向き合うということは、自分が相手に対して「優位に立つ」ことでは決してありません。相手をやっつけるのでも、自分の正しさを証明することでも、はたまた自分に相手を「正す」「資格」があると思い込むことでもないのです。

相手に対して、こんな言い訳をしてはいませんか。
次のような言い訳で、自分が黙っていることを選択していたとしたら、自分は相手と対等になっていないのだと、気づいて下さい。

「こんなことを言うと相手が怒るかも」
「上司にこんなこと言えない」
「私が間違っているかも」
「どうせ聞いてもらえないんだから、言ってもムダ」
これは、相手が優位に立っていることです。

反対に、
「あの人もどうしようもなかったのよ」
「誰だって完璧じゃないし」
「あの人はまだ若い/もう高齢/障害を持っているから」
「こんなことを言うと相手が傷つくかも」
これは、相手に対して自分が優位に立っていることです。

こんな風に考えてみると、実は「対等でない」ことは本当にたくさんあるということが見えてきます。

自分が相手に対してすでに優位に立っているとすれば(例:上司と部下、大人と子ども、男と女など)、その事実をしっかりと認識した上で、相手と対等になろうと努力してみること。
相手に対して優位に立つために、アサーティブネスを使わないということ。

それは大変重要であると同時に、自分自身に常に問いかける必要があるとつくづく感じています。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-08-26 12:12 | 講座のこと

肉親に対するアサーティブネスは難しい

肉親に対してアサーティブであろうとすることは、本当に難しいものです。アサーティブネスを“専門”にしている私でさえ、時々自分の「アサーティブネス度」を強烈に意識させられます。

先日4日間の連続講座を終え、そのまま両親のいる岡山の実家に戻ってまいりました。私の父親が認知症、介護度2の状況なのです。介護に疲れた母親の話を聞くことと、父親の顔を見に実家に戻ることを予定していたのですが。

「来週帰るね」と連絡したところ、最初は、「うれしい」と言っていた母親から、帰省の2日前に、「やっぱり帰らないで。私がしんどいし、気を使いたくないから」というファックスの手紙が届きました。

うーん、どうしましょう。
私には母のつらい気持ちが手に取るようにわかりますが、「今」彼女がとてもつらい状況の中で、強引に「帰る!」と言っても喧嘩になるし、だからといって、「わかった、今回は帰らない」と言うことでもないだろうと。

送られたファックスの手書きの手紙を読み、しばらく自分に落ち込む時間をあげたあと、やっぱり伝えるべきことは気持ちだろうと、長い手紙を書きました。

お母さんがつらいという気持ちがよく伝わってきた、でも、私もお父さんとお母さんの顔を見たいのだと、自分ができることをなるべくしたいのだと。
なかなか時間が作れないけれど、できるだけやりくりして今回は帰りたい。でも、帰ってほしくないということであれば、あきらめるけれど。
とっても残念だけれど、いつでも連絡を待っています、と。

そんな内容だったと思います。

翌日、実家に帰る電車をキャンセルし、今回はだめかなあとほぼあきらめておりましたら、仕事中に母親から再度ファックスが届いたと家族が教えてくれました。
母は私の手紙を読んで、これまで我慢していた涙のダムが決壊して、初めて泣いたそうなのです。独りぼっちで闘って一生懸命やっていて、親戚からのサポートも拒絶したくなるほどつらい気持ちでいたのだけれど、私の手紙は彼女の心に届いたようでした。

ということで、再度電車のチケットを取り直し荷物を準備してまっすぐ帰ってきたところです。好々爺になった父がニコニコと子どものように笑う顔を見て、胸が熱くなりながら、顔を拭き体を拭き、そして残り少ないかもしれない父親との触れ合いを大事にしようとしています。

怒ったまま帰って喧嘩をするのでもなく、黙ってあきらめるのでもなく、素直にそのまま自分の気持ちを伝えたら、その気持ちがまっすぐに伝わりました。
本当にこれこそが一番大事なのだと改めて思いました。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-08-17 13:04 | 汐生の思い

「待つ」ことができなくなった

アサーティブネスとは“葛藤を引き受けることだ”と前のエントリーで書きましたが、「葛藤する」ということは、「待つ」ということでもあります。つくづく感じるのは、私たち、待つことができなくなったなあということです。

答えがなかなか見つからないことに思い悩みつつ、時間をかけて答えを探し続けること。

人間関係が抱える課題は“すぐに”答えなど出てくるはずなどなく、何ヶ月も何年も、ある場合には何十年もかかって“変化する”ものなのだと思うのですが、アサーティブトレーニングにいらっしゃる方の多くは、なるべくすぐに結果を出したいと切実な思いを抱えていらっしゃる場合が多いようなのです。

これは、ある種「先進国病」なのかなあ、と、ふと思ったりします。

私がフィリピンに滞在中、一番身をもって学んだのは、結果はすぐに出ない、ということでした。

私が郵便局に荷物を取りに行ったときのことです。12時ぴったりに郵便局に到着したにもかかわらず、職員は「昼食休憩」に入ってしまい、ドアはぴたりと閉ざされてしまいました。何事だ、私はお客様だ、わざわざ日本から荷物を取りに来たんだぞと、私は“傲慢”にも、閉まった扉の外からドンドンと大きな音でドアをたたき続けました。

むっとして顔を出した職員に、私は、
「荷物を取りに来ました。日本からのものです。すぐに出してください」
私の剣幕にもめげず、彼が答えたのは、
「わたしはこれからお祈りをするので、1時までは出せない」
ということで、再び扉はガチャンと閉められてしまいました。

結局、私は1時まで、郵便局の別のおじさんとおしゃべりしながら待つことに。

それが最初に、フィリピンで私が「待つ」ことを学んだ体験でした。

その職員にとっては、昼の時間はお祈りをするという大変貴重な時間だったのです。ところが私は、「日本人」の「お客様」であるという立場から「すぐに」対応してもらうことを求めてしまいました。

日本にいれば、電球が壊れたらすぐに取り替えて、パソコンが壊れたらすぐに修理して、何かがなくなったらすぐに補充して、日常生活を続けようとします。

しかし、かの国で学んだのは、壊れたら2,3日、ひどいときは1週間以上も「待つ」ということ。それくらいの悠長さで物事は進んでいき、人間関係もそれくらいの余裕を持って解決に当たるような気がするのです。

それが「良い」とか「悪い」とかということではありません。
ただ、これくらいのスパンで物事を考える余裕を、私たちは忘れてしまっているような気がしてたまらないのです。人間関係が機械のように「壊れる」ことなどないにもかかわらず、あたかも機械のように「壊れた」人間関係を、「すぐに」修理、修復しようとしてしまう。

アサーティブネスはあくまで一つの人間関係の向き合い方であり、立ち方です。じっくりと葛藤しながら、そして希望を捨てないで関わり続けることこそが、長い目で見ての改善につながっていくのではないでしょうか。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-08-04 16:05 | 汐生の思い

葛藤を引き受けること

先週末から準備講座の第3期が始まりました。今回も全国各地から21名の方が集まってくださり、暑い夏の2日間で、文字通り“熱い”議論をすることができました。

特に今回は「アサーティブネスと私たちの権利」というテーマで、それぞれの方が、これまでの人生の生き様をそのまま言葉にしてくださり、聞いている私もスタッフも本当に感動しました。これぞ「アサーティブネス上級編」。話す内容も大変深く興味深いものばかりでした。

週末の講座でお話したことがありました。
それは、アサーティブな生き方とは何を指しているのかということです。

アサーティブネスということが、あたかも、ある種のゴール地点、あるいは「こうなりたいモデル像」のように理解されているようですが、私自身はそうではないだろうと考えているのです。

確かに以前は、そう思っていました。アサーティブであることこそが、私が目指すことであると。そうなることが、求められているのだと。

そうではないと思い始めたのは、やっぱりフィリピンでの体験からでしょうか。

つまり、アサーティブに生きることは「答え」ではないということです。様々な不平等や格差が存在している現在の社会において、アサーティブな関係というのはそれほどたやすく作ることはできません。世界に目を向けてみると、アサーティブな社会なんて、本当に遠い道のりのような気がします。

それでも、アサーティブな関係やフェアな社会を目指して、「葛藤」し続けること。アサーティブになりたくともなりきれない自分自身や、身の回りの関係の中で、あきらめず、絶望することなく、葛藤し続けること。アサーティブでない世界のありようを、静かに、希望を捨てないで見つめ続けること。

その“葛藤を引き受ける力”こそが、アサーティブなのではないでしょうか。

そんなことをしみじみ感じながら、大変感動的な2日間を過ごすことができました。
ありがとうございました。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-08-02 06:14 | 講座のこと

パソコンご引退

4年以上愛用していたモバイルパソコンが、週末にとうとう壊れてしまいました。買った当時は最新型の、ソニーのVAIOC1でした。

先週末、京都から札幌までめまぐるしく移動していて、私のバイオちゃん、なんだか調子悪いなあと思いながら使っていましたが、日曜日の朝、札幌のホテルでとうとうダウン。うんともすんとも言わなくなってしまいました。

このモバイルパソコン、実はもう一つのノートパソコンと一緒に、3年前にフィリピンまで一緒に行った友だちです。東南アジアの高温や高湿度に耐え、移動のたびにカバンの中で揺さぶられ、マニラの空港では何度も「本物かどうか」と立ち上げさせられたこともありました。

帰国後調子を崩したため、ハードディスクを取り替え、バッテリーも取り替え、何度か再インストールを試みたのですが、パソコンといえども結局は“消耗品”。悲しいかな、高価な製品ではありますが、寿命は数年なのですね。

パソコンを日常的に使うようになって10年になります。ノートパソコンもモバイルも、現在自宅で使っているデスクトップのものまでも、なぜかバイオでした。でも、今回引退したC1のバイオには、とりわけ愛着がありました。

「こんなに小さなパソコンは初めてだ」と、フィリピンでものめずらしそうに見つめられ、手から手にわたり、羨望のまなざしを一身に受けてきたC1。“ジャパニーズテクノロジー”の代表選手のように扱われ、中国にもヨーロッパにも同行して、しっかり働いてくれたがんばりやのおちびさんでした。

出張の多い仕事柄、持ち運びのできる小型パソコンが必需品でありますゆえ、昨日あわてて新しいモバイルパソコンを購入しました。ぴかぴかの新しいパソコンも嬉しいのですが、なんだかこのおちびさんを手放すのはちょっぴり寂しいです。

長い間、ご苦労様でした。静かに引退生活を送っていただきましょう。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-07-26 23:09 | 汐生の思い

How to ではなくて、Why

ヨーロッパの友人に、「私はアサーティブネスを伝える仕事をしています」と説明したら、「あれって、相手を自分の思うとおりに動かして、それをあたかも相手が自分でしたかのように見せるやり方でしょう」と言われました。

「まさか、そうじゃないよ」と、その時は反論しましたが、そういえば、確かにそんな認識が多かったなあということを、ふと思い出しました。

私がトレーナーになるための養成講座を受けていた15年ほど前のイギリスでも、「アサーティブネス」という言葉に対する誤解が、すでにたくさんありました。

「私ね、アサーティブトレーニングのトレーナーになる勉強をしているの」とイギリスでの友人に伝えたとき、「ああ、BOSSY(押しが強く)になる訓練ね」とか、「相手を説得する方法でしょう」とかと言われました。

そうではない、ということを、ここ1、2年、私自身は特に強調しながら伝え続けています。アサーティブネスは、シンプルで実践的で、だからこそ、「キケン」な方法でもあるということ。HOW TO(どう伝えるのか)も確かに大事ではありますが、WHY(なぜ伝えるのか)という本来のコミュニケーションの理念抜きには成り立たない方法であること。

アメリカではすでに当たり前のようになった「アサーティブネス」。でもヨーロッパでは本当に誤解が多くて、だからこそ、「これは相手の権利を侵害しない限りにおいての、自分の権利の主張である」という、本来の意味でのアサーティブネスの「哲学」を、しっかりお話していかなければならないなと痛感しています。

英文で表現すると、アサーティブネスが権利擁護のコミュニケーションであることが、はっきりわかります。

Assertiveness is a behavior which helps us to communicate clearly and confidently our NEEDS, WANTS and FEELINGS to other people without abusing in anyway their human rights.(アサーティブネスとは、自分のニーズや要求、気持ちを、相手の権利を絶対に侵害することなく、はっきりと、自信をもって伝えることのできるコミュニケーションであり態度である。)("Assert Yourself" by Gael Lindenfield)

アン・ディクソンの著書、『第四の生き方』の原題は、『A WOMAN IN YOUR OWN RIGHT』です。アメリカでベストセラーになったアサーティブネスのバイブルといわれる本は、邦訳では『自己主張トレーニング』ですが、原題は、『YOUR PERFECT RIGHT』です。

日本で間違った認識でのアサーティブネスが広まっていかないことを、私自身本当に気をつけていこうと思いました。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-07-15 07:58 | 汐生の思い

偶然バッタリ出会いました

週末の日曜日は、一日、福岡の紹介講座の事務局スタッフとして参加してきました。

参加してくださった方々はそれほど多くはありませんでしたが、当日は、長崎県や大分県からからも来てくださいました。

講座自体も大変よかったのですが、私は個人的に、ものすごく久しぶりに会ったAさんの顔を見ることができたのが、心から嬉しいことでした。彼女は大病を患い、この2,3年ほど入退院をくり返していたのですが、金曜日に退院し日曜日の講座に駆けつけてくれたのです。

Aさんと出会ったのは、博多の「天神駅」という、東京でいえば「新宿駅」のど真ん中でした。
まさに、バッタリ。

まさかこんなところで知り合いに出会うなんて予想もしていなかったことと、私は地下鉄の入り口を見つけるために、あちこち眺めながらふらふらしていましたので、「あ、汐生さん・・・」というAさんの声に、はっと気づきました。

懐かしいAさんが、ニコニコと笑いながら立っていました。

いや、偶然というのは本当に不思議なものですね。広い天神駅の構内の、キオスク前のその空間で、まさか二人が出会うことになろうとは。

ということで、私は無事天神駅の地下鉄に乗ることができ、久しぶりのAさんとおしゃべりしながら会場まで到着したのでありました。その他にも、宮崎からのYちゃん、博多在住のKさんと、いいチームで講座を進めることができました。

短い時間でしたが、九州のあたたかい人の思いやりと優しさを、胸いっぱいに吸い込んで帰ることができた1日でした。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-07-11 18:03 | 講座のこと

がんばれ、女性たち

週末は、女性と仕事の未来館でのアサーティブトレーニング講座を担当しました。1日目の講演には70名、1日目の午後から2日目までのトレーニングには30名という人数で、たくさんの、“がんばっている”女性たちに出会えたことが私にとっては大変嬉しいことでした。

先週も、週の半ばで国家公務員の女性管理職の人たちの研修を丸一日担当し、それもまたすばらしい体験となりました。私と同世代かそれ以上の女性管理職の方々が、それぞれに苦労をしながら、現場で一生懸命仕事をしてきた姿に、なんだか感動してしまいました。

最後の、自分をねぎらい、お互いをねぎらう場面では、思わず涙ぐむ人たちがたくさんいて、「ああ、それほどまでに日々がんばっていらしたのだなあ」と、私ももらい泣きしていました。

感想でこんな言葉をいただきました。

○もう少し肩の力を抜いて生きていこうと思います。
○自分をほめたり、人にほめられたりすることのすばらしさを知りましたので、明日からは他人に優しい気持ちになれそうです。
○コミュニケーションはHow toではなくその中身。相手に自分の思いを伝えることなのだとあらためて思いました。
○人前で泣くのは恥ずかしかったけどすっきりしました。「…人」を目指すのはやめて、一等賞の自分になろうと思いました。

一等賞の自分になる。自分がかけがえのない人間であることに、敬意を表する。そうした“自分を本当に大事にする”ところから、アサーティブな関係は広がっていくのだと思いました。

週末も先週も、この1週間は女性たちと関わることの多かった1週間でしたが、自分に誇りをもって堂々と生きていくことと、お互いを大事にしあうことの大切さを再度思い出した1週間でした。
[PR]
# by assertivejapan | 2005-07-04 07:41 | 講座のこと